ブログ

2021.09.05

コロナワクチン接種後の中和抗体検査を開始しました

ワクチンを接種して得られる抗体を中和抗体と言います。

新型コロナウイルスは人間の細胞に自分の一部であるスパイクタンパク(Sタンパク)を結合させて、増殖を起こします。新型コロナワクチンはこのSタンパクに対する免疫を獲得するものです。

(新型コロナウイルスに過去に罹ったことがあるかを調べるときには通常、ヌクレオカプシドタンパク(Nタンパク)の有無を測定します。
そちらをご希望の方は当院Hp内のブログをご確認ください)

最近の報道によると、3か月後には中和抗体の量が1/4程度に減少する、という報告もありご自身の抗体量を気にされている方もいるかと思います。

当院では、通常採血と同じように5ml程度の採血によって中和抗体量を測定することができます。

対象:コロナワクチン(ファイザー、モデルナ)の2回目の接種を終了し、4週間経過された方

実施日:診療時間内

費用:新型コロナウイルス抗体IgG定量検査(抗Sタンパク質抗体・ECLIA法):1回8,000円(税込、診察料込)

(過去に罹患したことがあるかどうかを調べる抗体検査と併せて行う場合は合わせて10,000円(税込)で受けて頂けます。)

結果判明:3日程度(結果説明はオンライン診療でも可能です)