TEL:03-6273-2109

〒160-0014 東京都新宿区内藤町1ガーデンクロス新宿御苑 1F

ブログ

2020.02.21

痛風 食事療法

今回は痛風の食事療法🍔に関してです。

前回のブログで、痛風は尿酸によるものだとお伝えしましたね👨‍🔬

 

具体的には、体内の尿酸は800~1200㎎💊程度です。

その中で、尿酸のもとになるプリン体の食事からの摂取は300~400㎎💊です。

 

そのため、①「プリン体を多く含む食品を控える」ことは大変重要になります。

 

控える食品🤷‍♀️❌

・プリン体の特に多い食品💔💔💔
特にプリン体の多い食品100㎎以上
大正エビ🦐、いわしの干物、あじの干物、鰹節、煮干し、レバー(牛、豚、鶏)

・プリン体の多い食品 60~99㎎💔💔
いわし、かつお、クルマエビ、あじ、まぐろ、まだこ🐙、さけ、ヒラメ、するめいか🦑、ずわいがに🦀、きす、かき、サンマの干物、たらこ、とりのささみ、納豆

 

 

反対に、プリン体の少ない食品を摂取するよう心がけましょう。

接種する食品💁‍♀️🔴

・プリン体の特に少ない食品 19㎎以下❤❤❤
ウインナー🐷、ソーセージ、かまぼこ、牛乳🐓、たまご🥚、プロセスチーズ、バター、ニンジン🥕、パン、白菜🥬、トマト🍅、カボチャ、キュウリ、ごはん

・プリン体の少ない食事 20~29㎎❤❤
ハム🐷、ベーコン🐷、コンビーフ、ちくわ、ほうれん草、カリフラワー、えのき🥦🌹

 

 

またそのほかに、溶け出したプリン体を除去する方法もあります。

・魚の内臓を取り除く
・肉や魚のゆで汁は捨てる
・ラーメンのスープは残す🍜🥣など

 

体内の尿酸は、食事によるプリン体接種のほかに、
体内での尿酸生成によるものが700㎎程度あります。

👩‍🎓📜そもそも、尿酸とは体内のエネルギー代謝、新陳代謝に必要な物質が分解されてできた老廃物ですので、

体内で生成されるのは当然のことですが、

生産が過剰や排泄されないことで、

体内の尿酸値が上がってしまうのです✏。

 

②体内での尿酸生産を抑え、排泄をよくすることが大切です。

・アルコールを控える。🍻❌💔
アルコールには肝臓で生産される尿酸を増価させ、さらに腎臓からの尿酸排泄を阻害する働きがあります。

・果糖や脂肪を控える🍉❌💔

・水分を十分に摂る🥛❤
水分を十分に摂ることで、尿量の排泄を促すことができます。
ジュースなどは糖や脂肪が多く含まれているので、水やお茶でとるようにしましょう。

・野菜を十分に摂る🥬❤
野菜はアルカリ性食品です。尿酸はアルカリ性、中性によく溶けて排出されやすくなるため、
野菜やイモ類を十分に摂ることが大切です。

・塩分を控える🍜❌💔
痛風は高血圧や高脂血症を悪化させるリスクが非常に高いです。予防のためにも塩分を控えることが必要です。

・バランスの良い食事🤸‍♀️
どの病気にも言えることですが、痛風の方は特に肉や魚に偏った食事をしている方が多いです。
野菜、海藻、キノコなども取り入れて、バランスの良い食事を心がけましょう。

以上が食事における注意点です👩‍🎓📜
痛風は本当に痛みが強いです。
痛風にならないように、また痛風の方は発作が起きないように、食事には注意していきましょう🙋‍♀️🍜