ブログ

2021.03.22

睡眠時無呼吸症候群(SAS)外来を始めました

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

 

眠りが浅い、いびきが激しいなどでお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そんな方は睡眠時無呼吸症候群かもしれません。

 

 睡眠時無呼吸症候群とは睡眠中に呼吸が止まる病気のことです。
 医学的な定義は、無呼吸(10秒以上の呼吸停止)がひと晩7時間の睡眠中に30回以上、あるいは1時間に5回以上あることを指します。
また英語のSleep Apnea Syndromeの頭文字をとって SAS(サス)と呼ばれています。

 

・原因→睡眠時無呼吸症候群は、高血圧や糖尿病、高脂血症の人など肥満の人が仰向けで寝ることにより、空気の通り道である喉が狭くなり、空気の通り道が一時的につぶれてしまうことで無呼吸を引き起こす「閉塞型」が最も多いとされています。

 また「首が太くて、首回りに脂肪がついている」、「下顎が後ろの方に引っ込んでいる」、「舌の付け根が大きい」など、体形が影響することも原因となることもあります。

・症状→日中の眠気、集中力の低下、(早朝)高血圧、不整脈、動脈硬化
 睡眠中に無呼吸を起こすと、血中の酸素濃度が下がったり、脳が覚醒させられたりします。
そのため呼吸努力が強くなり、胸腔内を陰圧にするため心臓などに負担がかかります。高血圧で薬を飲んでいてもなかなか改善しない場合にはSASが隠れているかもしれません。

 

・治療→軽症の場合は、減量や生活習慣、睡眠指導だけで症状が改善することもあります。しかしある程度症状が進んでしまった方は、CPAPという機器を装着し治療します。

 CPAPは、寝ているときに鼻にマスクを装着し、空気を送り込んで、気道を押し広げてのどの塞がりを防ぎ、睡眠時無呼吸を予防する機器です。その他、マウスピース、耳鼻科的手術をお勧めすることもあります。

 

検査、治療開始までの流れ

  • 診察 日中の眠気や睡眠中のいびきなど、お気軽に医師にご相談ください。診察で検査が必要となると、その日のうちに検査機器の発送の手続きをいたします。

 

  • 検査 診察から最短1週間でご自宅に検査機器が到着します。付属されている手順書に沿って測定をお願いいたします。検査後、同封の伝票に沿ってご返却ください。この検査で、1時間あたりの睡眠中の無呼吸、低呼吸の回数を表し、無呼吸低呼吸指数という重症度の分類をします。

 

  • 診察 検査機器返却後1週間程度で結果が判明しますので、ご予約の上ご来院ください。検査の結果をお話しし、必要な場合はCPAP治療を開始します。さらに精査が必要な場合は近隣の医療機関へご紹介します。

ご心配な方はお気軽にご相談ください👨‍⚕️